小児歯科Hideto Inoue Dental Clinic / Implant Clinic

小児歯科

小児歯科

小児歯科とは、その名の通り子供の歯科診療を専門に行う診療科です。虫歯を治すために必要になる治療は、大人と子供で大きな違いはありませんが、お子様の治療は成長発育や親への指導、メンタルケアなども必要になるため、専門的な知識が必要になるのです。

当院院長は、日本小児歯科学会の専門医でもあり、多くのお子様が当院で治療を受けています。子供の口の中のことを知っている医師のもとで治療を受けることが、将来の歯の健康、健やかな成長につながると言えます。

「まだ小さいのに歯の治療を受けられるのだろうか…」「泣いてしまうのではないか…」と、心配する保護者の方も少なくありませんが、無理やり治療を進めるようなことはありませんので、安心して受診してもらいたいと思います。

当院の小児歯科への取り組み

怖くない歯医者さん、を目指して

小児歯科でまず大事なこと、それは「歯医者さんは怖い」というイメージを与えないことです。
当然、歯医者は嫌な場所だと思われては、なかなか通院を続けてもらえず、症状が悪化してしまう危険性もあります。

そのため、井上秀人歯科では「笑顔での接客」「痛みを緩和しながらの治療」「絵本などを取り揃えた楽しい待合室の雰囲気づくり」を行っています。なお、小児歯科については小児歯科専門医が治療に携わりますので、ご安心ください。

お子様の歯科矯正について

噛み合わせや歯並びを良くする「矯正治療」は、状況によっては出来るだけ早い時期にとりくむことで、将来的なリスクを軽減できる場合があります。
特に、永久歯が生え揃うまでに適切な治療を受けることで、良い噛み合わせと歯並びを育てることも可能になります。

私どもは、福岡県北九州にてインプラントや歯科矯正を専門に行っている医院です。院長、井上秀人は医学博士でもあり手術経験等も豊富な医師ですから、お子様の噛み合わせの問題についても安心してお問合せください。

もちろん、実際に歯を見せていただくことが一番の診療になりますが、簡単な質問であればお電話またはメールなどでもお受けしています。お気軽にお問合せください。

小児歯科を受診する前に…

歯医者嫌いになってしまうのを防ぐために、保護者の方にも次のような点に注意していただきたいと思います。

ウソをつかない

歯医者へ行くことを伝えずに連れてきたり、「ただ口の中を診てもらうだけ」などとだまして連れてきたり…お子様にウソを言って連れてくるのは良くありません。反対に嫌がる原因になってしまう場合があります。

体調の良い時に受診する

お子様の体調の良い時に受診しましょう。昼寝をするお子様は、昼寝の時間を避けるなど、眠くならない(機嫌が悪くならない)時間を選ぶことも大切です。

待合室ではリラックスさせてあげてください

親の緊張感は子供にも伝わるものです。待合室では、絵本を読んで過ごすなど、お子様がリラックスして過ごせるようにしてあげると良いでしょう。
当院の待合室は、絵本を用意し、楽しい雰囲気となっています。

受付時間 9:00~13:00/15:00~19:30