インプラントのデメリットHideto Inoue Dental Clinic / Implant Clinic

インプラントの5つの主なデメリット

インプラントの5つの主なデメリット

インプラント治療は、他の歯に負担をかけることなく、天然歯のような審美性や機能を取り戻すことができる素晴らしい治療法なのですが、やはりデメリットも存在するのは事実です。

福岡県北九州 井上秀人歯科インプラントセンターでは、治療の欠点も患者様に説明し、理解していただいたうえで治療方法を選択していただきます。
メリットばかりに目がいってしまいますが、デメリットも把握しておくことが大切です。

手術が必要になる

手術が必要になる

ブリッジ・入れ歯といった従来の治療法とは異なり、インプラントは外科的手術が必要になります。
どんな手術でも同じことが言えますが、外科手術にはリスクが伴うということも事実です。

また、全身疾患をお持ちの患者様は、治療について主治医との相談が必要になるでしょう。

治療期間が長くなる

インプラントの機能性の高さは、インプラントが骨と結合することで得られます。インプラントを埋入してから、歯槽骨と結合するまでに数か月の期間を要してしまうため、インプラントは治療期間が長くなってしまうのです。

当院では、One Hour Teethという治療期間を半分以下に短縮できる治療法も取り入れていますので、短期間でインプラント治療を終了させたいという患者様は、ぜひご相談ください。

メンテナンスが必要

インプラントは治療が終わってからも通院が必要になります。それは、インプラントを長持ちさせるためには、ご自身で行うセルフメンテナンスだけでは不十分だからです。歯科医院でプロのメンテナンスを受ける必要があります。
また、インプラントには、治療後のトラブルに備えて保証があるのですが、定期的にメンテナンスを受けることが保証の条件となっています。

しかし、インプラントでなくても、継続的なメンテナンスが口の中の健康維持には不可欠であることは事実です。

費用が高い(保険が適用にならない)

入れ歯やブリッジとは異なり、インプラントは保険が適用になりませんから、治療にかかる料金が高くなってしまいます。
また、メンテナンス費用も同様に、保険適用外となります。

インプラントの費用については、分割払いやローンが可能なので、支払方法についても、ぜひご相談ください。

失敗する可能性がある

たとえ治療が成功したとしても、メンテナンスをしっかり行わなければ、細菌感染により脱落を招く可能性があります。
歯周病は歯を失う原因の一つですが、インプラントも天然歯の歯周病と似た「インプラント周囲炎」に感染します。歯周病よりも進行しやすく、インプラント失敗の大きな原因となっています。

インプラントの失敗を防ぐために、メンテナンスをしっかり行うことが大切です。

見た目・噛み心地だけでなく将来の歯の健康にも◎インプラントのメリットとは

インプラントは「審美性の高さ」、「噛み心地の良さ」などのメリットが一般的ですが、それだけではありません。次に紹介するようなメリットがあり、将来の歯の健康に大きなメリットがあるのです。

他の歯に負担をかけずに失った歯を取り戻せる

ブリッジは他の健康な歯を削る必要があり、入れ歯はバネをかける歯に負担がかかります。

審美性が高い

天然歯と同等な審美性を回復できる。

高い咀嚼能力を回復できる

天然歯と同等な咀嚼能力を回復でき、かたい物でも噛めます。よく噛めるということは、脳や消化器官をはじめ、全身の健康に大きなメリットとなります。

違和感がない

入れ歯のような異物感はなく、自分の歯と同じ感覚で噛めます。

インプラントのメリット・デメリットだけでなく、ブリッジや入れ歯の長所・短所も把握して、治療方法を選択することが大切でしょう。

受付時間 9:00~13:00/15:00~19:30