インプラントの平均寿命と保証についてHideto Inoue Dental Clinic / Implant Clinic

インプラントは一生もの!?インプラントの寿命とは?

インプラントは寿命の長い治療法です。適切なメンテナンスを行うことで、インプラントを長持ちさせることはもちろん、残った歯の寿命を延ばすことも可能でしょう。

インプラントは「高い」というイメージがあるかもしれませんが、入れ歯やブリッジよりも長持ちで、他の健康な歯にダメージを与えない・自分の歯のような美しい歯を取り戻せる・よく噛めるなど、メリットの多い治療法なのです。

インプラントの平均的な寿命とは?

インプラントの平均的な寿命とは?

インプラントの累積残存率は10年で9割を超えていますし、福岡県北九州市にあります当院で採用しているインプラントメーカー(ノーベルバイオケア社)は、10年間のメーカー保証もあります。
適切なメンテナンスを継続すれば、10年以上使い続けることができるということです。

また、インプラント治療を初めて受けた患者様は、亡くなるまでの40年以上、何の問題もなくインプラントを使い続けていました。インプラントには、このような長期の臨床実績もあるのです。 インプラントは、適切なメンテナンスを行えば 半永久的に使っていける『第二の永久歯』とも言われています。

入れ歯やブリッジと比較すると…!?

入れ歯の平均的な寿命は4~5年、ブリッジは7~8年とされています。インプラントは、他の治療方法よりも寿命が長いということはお分かりかと思いますが、インプラントの大きなメリットは、ブリッジや入れ歯のように「他の残っている歯に負担をかけない」という点です。

インプラント自体の寿命の長さもさることながら、残存歯の寿命を縮めないというメリットがあるのです。

インプラントには保証があります

インプラント治療は成功率の高い治療法ですが、トラブルが生じることもあります。
インプラントが骨とうまく結合しなかったり、インプラントが抜けたり、装着した人工歯が破損したり…予期せぬトラブルが起こる場合もあるのです。

当院では10年間のメーカー保証で、患者様に安心してインプラントをお使いいただいております。(定期的にメンテナンスを受けることが、保証を受ける条件となっています。)
万一トラブルが起きた時に、「どのような保証が受けられるのか」「保証は何年間受けられるのか」といったことを事前に確認しておくことは大切なことでしょう。

要注意!インプラントがダメになる主な原因

要注意!インプラントがダメになる主な原因

インプラントが失敗する主な原因に、メンテナンス不足によるインプラントの感染が挙げられます。
インプラントの歯周病、「インプラント周囲炎(インプラント周囲粘膜炎)」です。

メンテナンス不足により、プラークや歯石が付着したままになってしまうと、天然歯の歯周病と同様に、インプラントが細菌に感染して、歯肉からの出血・インプラントのグラつき・脱落などの症状を招くのです。
また、インプラント周囲炎は歯周病よりも進行しやすく、自覚症状が少ないという特徴があり、気付いた頃には手遅れになっている場合もあるのです。

インプラント周囲炎は、自然に治ることはありませんから、異変に気付いたら早めに受診することが大切です。インプラント周囲炎が進行すると、インプラントが使えなくなり、再治療が必要になる場合もあります。
インプラントの保証を受けるため、インプラントの寿命を延ばすため、メンテナンスを受けることは大変重要なのです。

受付時間 9:00~13:00/15:00~19:30