噛み合わせが悪いとどうなるHideto Inoue Dental Clinic / Implant Clinic

噛み合わせが悪いとどうなる? ~咬合が及ぼす全身への影響~

噛み合わせが悪いとどうなる? ~咬合が及ぼす全身への影響~

噛み合わせとは、上下の歯の接触の仕方を言いますが、噛み合わせが正しい状態になっている人は実に少なく、ほとんどいないと言っても良い程です。

噛み合わせが正しくなくても、すぐに症状として現れるわけではないため、噛み合わせが正しくないことに気付いていない人が多いです。
また、日頃悩まされている頭痛や肩こりなどの不定愁訴の原因が、噛み合わせにあるということに、気付いていない人も多いのです。

噛み合わせは、顎周辺や口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼします。口の中の健康だけでなく、全身の健康のために、噛み合わせを正しくすることが大切です。

そもそも正しい噛み合わせとは?

「井上式かみ合わせ治療」において、噛み合わせを確認する際に、次のような点を確認します。
(カッコ内は、正しい噛み合わせの基準です。)

  • 頭蓋骨の位置(前後左右の傾きや左右の回転などがない)
  • オトガイ(顎の中心)の位置(真ん中にある)
  • 左右の肩の高さのバランス(左右の方の高さが等しく、床と並行である)
  • 肩甲骨や骨盤などの歪み(歪みがない)

など

正しいかみ合わせと言えば、「歯の高さが合っていること」などが浮かぶと思いますが、それは局部的なことです。総合的な改善が必要になるため、治療は頭蓋骨の位置や体の歪み、顎の位置が改善されたうえで、歯の高さ・かみ合わせを調整が必要になります。

かみ合わせの問題は、口や顎周辺だけの問題ではないのです。

噛み合わせを悪くする原因となるもの

  • 悪い姿勢
  • よく噛まないこと
  • 同じ動作を繰り返す
  • 歯を失うこと(抜けたままにしておくこと)

など

かみ合わせが全身に及ぼす悪影響

かみ合わせが悪いと、主に次のような症状を引き起こします。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 鼻づまり
  • 目のかすみ
  • 顎関節症

など

かみ合わせの影響が全身に及ぶワケ

かみ合わせが悪いと、重心をずらしてバランスを取ります。頭のバランスが崩れると、さらに、バランスをとるために肩や腰に歪ませてバランスをとるようになります。
バランスをとるために、他の部位でバランスを崩しながらカバーしてしまうのです。

このようにして、噛み合わせのアンバランスが、さまざまな部位のバランスの乱れ・歪みを生じ、姿勢を悪くしてしまいます。
姿勢が悪いと、さまざまな悪影響が起こることは良く知られていますが、かみ合わせも姿勢に大きく影響しているのです。

噛み合わせはインプラントにも悪影響を及ぼします

噛み合わせはインプラントにも悪影響を及ぼします

噛み合わせが悪いままインプラント治療を行ってしまうと、トラブルの原因になってしまいます。また、インプラント治療によって噛み合わせが悪くなる場合も同様です。
せっかくインプラントを埋入しても、噛み合わせ調整が適切でなければ、しっかり噛めませんし、頭痛や肩こりなどの症状の原因となってしまうのです。

もちろん、インプラント治療に限らず、入れ歯やブリッジなどの歯科診療において、噛み合わせ調整は大変重要です。歯科診療が原因で噛み合わせが悪くなり、健康に悪影響が及ぶのでは元も子もありません。

噛み合わせの調整は、歯科診療において大変重要なのです。福岡県北九州 井上秀人歯科インプラントクリニックでは、インプラント治療はもちろん、全ての診療において、噛み合わせをきちんとすることが必要だと考えています。
他院でインプラント治療を受けて、噛み合わせに問題を抱えて当院を訪れる患者様も少なくありません。

「井上式かみ合わせ治療」によって 全身症状が改善された例

次に、噛み合わせ治療によって全身症状が改善された一例を紹介します。

噛み合わせ治療によって、さまざまな全身症状が改善(消失)した症例は多数ありますが、それだけでなくメンタル面にも良い影響を与える場合も多くあります。
精神的な疾患をお持ちの患者様で、噛み合わせ治療によって改善されたケースもあります。

また、噛み合わせ治療で別人のように若返るなど、噛めるようになることで(顎周辺の筋肉が鍛えられて)、容姿に良い影響を与える場合もあります。

症例

「他院で奥歯をインプラントにしたが、高さが合わず、しっくりこない」と受診。
肩こりや喉の炎症、口が開きにくいなどの症状もある

診断

頭が右に傾いている・右肩が左肩よりも上がっている・オトガイ(顎の中心)右側にずれている。
奥歯のインプラントの高さが低く、上の前歯が下の前歯にかぶさってしまっている状態。インプラントが低いために、他のぶつかってしまう歯を削られてしまっている。
(奥歯の高さが合っていないため、他の歯を削って、噛み合わせ調整をされてしまっている。)

治療

ゲルブ装置による噛み合わせ治療に加えて、インプラントに装着する人工歯の作り直しを行った
(埋入したインプラントとアバットメントをそのまま使用することにより、治療にかかる費用・体の負担を軽減)

効果

肩こりや喉の炎症などの全身症状が消え、口が開きやすくなった。体調が良くなったことで、仕事などにも良い影響が現れた)

噛み合わせとインプラントのデンタルセミナー

噛み合わせにお悩みの方、インプラントに関心をお持ちの方にぴったりな参加費無料のセミナーです。どうぞお気軽にご参加ください。

詳細ページ:『噛み合わせとインプラントのデンタルセミナー』

書籍紹介

当院院長著「全身の不調がよくなる歯のかみ合わせ」が発刊されました。

詳細ページ:『書籍紹介』

受付時間 9:00~13:00/15:00~19:30