インプラントとはHideto Inoue Dental Clinic / Implant Clinic

インプラントについて

インプラントについて

インプラントとは、歯を失った場合に行う治療法です。歯を失った箇所は、人工の歯で補う必要がありますが、従来の治療方法(ブリッジ・入れ歯)では、他の健康な歯を削る必要がある・審美性に優れないなど、デメリットが多くあります。

しかし、インプラントならば天然歯と同じような噛み心地・審美性を取り戻すことができ、他の歯に悪い影響を与えることもないのです。

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントとは、体の中に埋め込まれる人工物のことを言います。整形外科の骨折治療で用いられるボルトやペースメーカーなども、「インプラント」です。

歯科治療におけるインプラントは、特に「歯科インプラント」「デンタルインプラント」などと呼ばれますが、近年は歯科治療におけるインプラントが一般的になり、単に「インプラント」と呼ばれることが多くなっています。

歯科におけるインプラント治療は、チタン製のインプラント(人工の歯根)を顎の骨(歯槽骨)に埋め込み、その上に人工の歯を装着します。
従来のように、他の歯を支えとして歯を補うのではなく、人工の歯根を埋め込んで新たな歯を作るのです。

インプラント治療には50年もの歴史があります

インプラント治療は、「最新の治療方法」というイメージが強いかもしれません。 しかし、現在と同じチタン製のインプラントによる治療が初めて行われてから、約50年が経過しています。

初めて臨床に応用されたインプラント(ブローネマルクインプラント)は、この50年間研究が続けられ、長期的な臨床実績を持ちます。

インプラントの最大の利点

インプラントの最大の利点は、残存しているご自分の歯を削らずに、歯を作れるという点でしょう。
インプラント部分と天然の歯をつなぐ必要もありませんし、インプラントを応用することにより、ご自分の歯を長持ちさせる結果につながる場合が多くあります。

さらに、物を食べるときの噛み心地も、ご自分の歯と変わらないくらいしっかりしていることも大きな利点です。

インプラントで天然歯のような咀嚼能力を取り戻せる理由

インプラントの素材は、チタンやチタン合金ですが、チタンには骨と結合する性質があります。
顎の骨に埋め込んだインプラントが強くチタンと結合するため、グラついたり抜けたりすることなく、安定した咀嚼能力を取戻すことができるのです。

また、チタンは生体親和性が高い金属であり、体内に埋め込んでも異物として認識されません。アレルギーを起こしにくい金属であることから、インプラント治療は多くの人に適用します。

インプラント治療の安全性を高めるには、技術や設備・機器が必要になります

インプラント手術は、健全な骨を削り、その場所に人工の歯(インプラント)を移植します。
これには、医科の分野で行われている内臓の移植と同じレベルの滅菌が要求されます。滅菌レベルを上げるためには、専用の手術室があるべきです。また、移植手術の場合には、特に空気の清浄も必要になります。
インプラントを埋入手術の際には、骨を削る際に骨が死なないような配慮も必要で、精度の高い切削器具を使うことが要求されます。

インプラント治療は、従来の治療方法とは異なり、術者に解剖学的な知識や高度な治療技術、徹底した衛生管理、設備・機器などが必要になるのです。

福岡県北九州にあります当院は、多くのインプラント症例、約5000の埋入本数、98%の成功率を誇ります。また、インプラント治療のための最新の機器・設備を導入し、最善のインプラント治療ができる環境を整え、安全で正確な処置を行っています。

「手術が怖い」という方も安心して治療が受けられます

「手術が怖い」という方も安心して治療が受けられます

インプラント治療に対し、恐怖心をお持ちの方もおられますが、近年は麻酔の方法も進歩して、心電図や血圧などの全身管理を行いながら、半分眠った状態での手術も可能になっています。

当院では、そのために必要な体制を整えており、麻酔専門の歯科医師の立ち合い・空気の清浄や完璧な滅菌設備を整えた手術施設・手術後も麻酔が完全に覚めるまで、ゆっくり出来る回復室など、患者様も手術を行う側も、安心して手術が出来る体制を作っています。

このように、インプラントの治療は決して危険な方法ではなく、安心して受けられる、経験と実績に裏打ちされた確実ですばらしい治療法だといえます。
インプラント手術に不安をお持ちの方も、ぜひ当院へご相談ください。

インプラントの具体的な治療方法については、こちらでご確認ください。

受付時間 9:00~13:00/15:00~19:30