手術中・術後の痛み/腫れなど症状Hideto Inoue Dental Clinic / Implant Clinic

インプラント治療は痛い!?手術中・術後の痛みと腫れ

インプラントは外科手術が必要になります。そこで心配になるのが、手術中や術後の痛みではないでしょうか。
ここでは、インプラント手術中の痛み、術後の痛みについて紹介していきます。

インプラント手術中の痛み

インプラント手術中の痛み

インプラント手術の最中は、痛みがほとんどないと言って良いでしょう。手術は、抜歯や虫歯治療に使用する「局所麻酔」を使用して行います。
局所麻酔が効いていますから、痛みをほとんど感じないのです。

さらに当院では手術時の不安などを減らすための、麻酔専門の歯科医師のもと静脈内鎮静法も利用しておりますので、局部麻酔を含め手術に対する恐怖心を感じない状態で、安心して手術を受けていただける環境がございます。

インプラント術後の痛み・腫れ

インプラント手術の後は、痛みや腫れが生じる可能性があります。「歯を抜いた時と同じくらいの痛み」などと言われることも多いですが、術後の痛みの程度には個人差があると言えるでしょう。
治療範囲が広い場合や埋め込んだインプラントの本数が多い場合には、痛みが出やすい傾向があります。また、腫れについても、切開した範囲が広いと腫れが出やすい傾向があります。

当院で行っている「One Hour Teeth」は、切開や縫合せずに治療ができるため、術後の腫れや痛みが少ないです。

インプラント手術中の緊張・不安・恐怖

インプラント手術は、麻酔が効いた状態で行いますから、痛みはありません。しかし、局所麻酔のみで治療を行った場合、不安や恐怖、緊張はあります。

局所麻酔のみでは、意識がハッキリしていますから、不安や緊張の強い人は快適に治療を受けられるわけではないのです。

当院では静脈内鎮静法(セデーション)を併用したインプラント治療をお勧めしています

当院では静脈内鎮静法(セデーション)を併用したインプラント治療をお勧めしています

静脈内鎮静法とは、鎮静剤を点滴し、意識の薄れたウトウトした状態を作る方法です。

完全に意識がなくなるわけではありませんから、声掛けなどにも反応できます。また、呼吸が止まることもありませんから呼吸の管理が不要で、 入院の必要もありません

ウトウトとしたリラックスした状態で、不安や緊張を抑制して、快適にインプラント治療が受けられる麻酔法なのです。

当院では静脈内鎮静法以外に、笑気ガスを用いた吸入鎮静法を行うための機材も設置されており、患者様・治療内容により使い分けることが可能となっております。

静脈内鎮静法の特徴

  • 全身麻酔に比べ安全性が高い
  • 完全に意識が消失するわけではありません
  • 不安や恐怖、緊張がなくなる
  • リラックスした状態で治療を受けられます
  • 健忘効果により時間が早く感じられる
  • 手術があっという間に感じられる
  • 血圧の上昇を抑えられる
  • 緊張などストレスが原因の血圧の上昇を防ぎます
  • 嘔吐反射を抑制できます
  • 嘔吐反射の強い方でも安心して治療が受けられます
静脈内鎮静法はこのような方におすすめです

福岡県北九州市 井上秀人歯科インプラントクリニックでは、次のような患者様には、特に静脈内鎮静法の併用をお勧めしています。

  • インプラント治療に対する不安・緊張などのストレスが強い方
  • 嘔吐反射が強い方
  • 高血圧などの全身疾患のある方
  • 埋入本数が多い・治療範囲が広いなど、手術時間が長くなる方

など

受付時間 9:00~13:00/15:00~19:30