インビザラインHideto Inoue Dental Clinic / Implant Clinic

マウスピースを使った矯正治療

歯並びが悪い状態(不正咬合)を改善する歯列矯正の治療には、ブラケットと呼ばれる金属製のワイヤーを装着して行う「ワイヤー矯正」のほか、矯正装置としてマウスピースを使って行う「マウスピース矯正」があります。

マウスピース矯正の特徴

「仕事柄、常にブラケットを装着するのが難しい」
「矯正していることを知られることなく治療を進めていきたい」
「金属アレルギーでワイヤーでの矯正治療が難しい」

そんな方のために、透明色のマウスピースを利用した目立たない矯正治療法がマウスピース矯正です。当院では、世界各国で利用されており、340万人以上の治療実績を持つアライン・テクノロジー社の「インビザライン」と呼ばれるシステムを使ってマウスピース矯正治療を行っています。

マウスピースは自分で簡単に取り外せます

マウスピースは自分で簡単に取り外せます

マウスピース矯正で使用する装置(アライナー)は装着が簡単で、自分で簡単に取り外すことが可能です。そのため、取り外しがきかず、歯のケアが困難になりがちなワイヤー装置と比べ、矯正中も口腔内の衛生管理をしっかりと行うことができます。
また、装置に食べ物が詰まってしまうなどの問題もないので、食べたいものを我慢することなく、普段と変わらずにお食事を楽しむことができるというのも大きなメリットです。

ワイヤー矯正との見た目比較

ワイヤー矯正との見た目比較

マウスピース矯正に使用する装置は透明で目立ちにくく、違和感が少ないものです。そのため、ワイヤー矯正で気になりがちな、見た目に関するストレスを感じることなく、矯正治療を進めていただけます。

マウスピース矯正の治療期間はいつまで?何歳から治療可能?

マウスピース矯正の治療期間は患者様の歯の状態により個人差がありますが、一般的な矯正方法とおよそ同じくらいの期間です。
歯列矯正の治療には年齢制限はなく、マウスピース矯正においても、子供から大人まで治療を受けることが可能です。

マウスピース矯正は痛い?

矯正中の痛みの感じ方は患者様によって個人差が大きいですが、その他の矯正治療と比べ、歯に対し過度な力が加わらないことから、マウスピース矯正は痛みが少ない矯正方法です。また、ワイヤーやブラケットなどで口腔内の粘膜を傷つけることもなく、患者様にも安心して治療を進めていただくことができます。

マウスピース矯正における治療の流れ

マウスピース矯正の主な治療の流れは以下の通りとなります。

1 患者様とのカウンセリング

マウスピース矯正の治療前に、患者様との相談を入念に行い、治療に関する疑問や不安にお答えします。

2 精密検査・歯型取り

精密検査を行い、口腔内の状態をチェックし、矯正に使用する装置を作製するための歯型を取ります。

3 治療計画の内容確認

治療にかかる費用や期間などを含む、精密検査の結果にもとづいた治療計画を患者様にご説明させていただきます。

4 矯正治療を開始

患者様に装置を装着していただきます。装置は食事時や歯磨き時以外の、1日17~20時間以上装着していただきます。なお、マウスピース矯正では、治療段階に合わせて使用する装置を新しく交換していきます。

5 治療完了

歯並びが整い、治療を終了した後は「保定期間」へと移行し、保定装置(リテーナー)と呼ばれる装置を装着していただきます。

マウスピース矯正を行うならぜひ当院へご相談ください

福岡県北九州にあります井上秀人歯科インプラントクリニックは、インビザライン・システムを使ったマウスピース矯正治療の実績も豊富で、治療のための設備・機器も揃っております。
当院ではそれぞれの患者様に合った治療を提案させていただいておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00~13:00/15:00~19:30